60歳未満の定年を定めることは違法です!

「定年」を定めるかどうかは、各企業の判断に委ねられています。

数は非常に少ないですが、定年のない会社もあります。

多くの会社は「就業規則」において従業員の定年を定めています。

パート労働者についても、就業規則において「定年」を定めている会社は多くありますし、

そのこと自体は違法ではありません。

定年制については、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年法)」という法律で、

一部の特殊な業種(鉱物の採掘等)を除けば、60歳未満の定年を定めることはできないと

定められています(同法8条)。

ですから、例えば「当社では、パートの定年は50歳である」と就業規則で定めたとしても

違法・無効となり、会社はパート労働者を50歳で退職させることはできないことになります。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–