セブンイレブンはいろいろと間違っている! その3 ルール自体が違法じゃボケー!

http://kuririn.info/black-job/7-11/

不法行為でないとなると、この店舗ではあらかじめ賃金減額のルールが決まっていて、

それに法って賃金自体を減額したと構成する以外にありません。

例えば、「欠勤の場合は、代わりの人を見つけないといけない。

見つけられなかった場合は休んだ時間分の給与を減額する」

のようなルールがあったものと拝察されます。

しかし。

労働基準法第16条

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、

又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

 

はい、また法律違反。

つまり、「お皿を1枚割るごとに罰金3000円」「ノルマ未達成の場合は給料3割カット」

「当日欠勤は罰金5000円」「注文の聞き違いは従業員が全額弁償する」

のようなルールをあらかじめ定める契約は違法・無効です。これにも罰則規定があります。

こうしたルールのある会社は犯罪者企業、ブラック企業の誹りを免れません。

セブンイレブンさん、よろしいでしょうか。

金額の多寡の問題ではなくて、そもそも減給の根拠がないのですよ。

(つづく)

 

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–

★この件に類似した事例について書かれている電子書籍はこちら!

(無料サンプルもお読みいただけます)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N6JS2BG