セブンイレブンはいろいろと間違っている! その1

まさに、私が電子書籍で取り上げた事態が現実にニュースになりました。

(同様のことはきっと全国至る所で発生しているものと思われます)

コンビニエンスストア最大手、セブン-イレブンの東京都武蔵野市内の加盟店が、

風邪で欠勤したアルバイトの女子高校生(16)から9350円の「罰金」を

取っていたことを各社が報じています。

報道によれば親会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターなど

(以下「セブンイレブン」と表記)は新聞社の取材に対し、

・店舗は「「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」として、

休んだ10時間分の9350円を差し引いた」と保護者に説明した。

・「加盟店の法令に対する認識不足で申し訳ない」としつつ、

「労働者に対して減給の制裁を定める場合、減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、

総額が賃金総額の10分の1を超えてはならない」と定めた労基法91条(制裁規定の制限)に

違反すると判断し、返金するよう指導した

ということのようです…コラ!

親会社がこの程度の法律知識では、加盟店も無知になるわなって感じです。

セブンイレブンはいくつも誤りを犯しています。以下説明します。

(つづく)

 

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–

★この件に類似した事例について書かれている電子書籍はこちら!

(無料サンプルもお読みいただけます)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N6JS2BG