休憩時間は完全に自由だー!

休憩時間は、労働者が完全に自由になる時間でないといけません。

(労働基準法第34条第3項)

よって、電話当番や来客当番を兼ねる昼休みとか、

食事中も携帯を持たされて鳴ったら取らないといけないような事情がある場合は、

それは休憩時間ではなく労働時間とされるべきです。

司法書士にご相談ください。

労働時間については、近日発売される電子書籍第2弾で詳しく説明しております。

もう少々お待ちください。

自宅に仕事を持ち帰った場合、労働時間にならないの?

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–