外国人差別は相撲にまで 白鵬の大活躍と労働法

「外国人差別は相撲にまで 白鵬の大活躍と労働法」

通算1050勝という前人未到の記録を打ち立てた横綱・白鵬。
7月24日に放送された『クローズアップ現代+』(NHK)では、
「白鵬が語る 史上最多1050勝への道」と題した特集を放送。

…そのなかで語ったデーモン閣下の言葉が、
大きな話題を呼んだ。

「感謝しなければならないのは日本人のほうでしょうと思います
よね。あれだけ相撲界が苦難のときに一生懸命屋台骨を支えて
頑張ってきた白鵬にファンはああいう態度かよと。
日本人はもうちょっと了見の広い気持ちで白鵬のことを見てやら
ないといけないと思うし、北の湖がいくら強かったからと
いって、負けてバンザイは出ませんでしたよ。
イチロー選手がメジャーリーグでなにかやったときにブーイング
が起きたら悲しいですよね? そういうことを思って相撲を見て
いかなければいけないんじゃないかなと」

なんたる神発言! …まあ悪魔なのだが。

2013年の大相撲九州場所、当時はまだ大関だった稀勢の里との
一番を紹介。この取り組みでは、稀勢の里が白鵬に勝利し、会場
ではファンからのバンザイコールが起きるという異例の事態と
なった。

こういった差別に関する問題は白鵬だけのものではない。
他の外国人力士にも向けられているものでもある。

今年3月、モンゴル出身の大関・照ノ富士に対し、
観客から「モンゴルへ帰れ」とのヘイトスピーチが浴びせられた。

この問題に関してはメディアによる報道もひどかった。
照ノ富士と琴奨菊の一戦を報じたウェブ版のスポーツ報知は、
なんと「照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!
「モンゴル帰れ」」と見出しをつけて報じた。
ヘイトスピーチのヤジを好意的に受け止めているとも読める
この見出しには批判が殺到した。
批判が殺到するくらいには、この国にも理性があったとは言える。

ただ、そもそも問題なのは、こういった出自を理由とした差別が
はびこっている状況を放置している日本相撲協会だ。
いや、むしろ日本相撲協会はそういった状況を積極的に後押し
していると断じてもいい。その最たるものが国籍問題だ。

白鵬は引退後も角界に残り一代年寄になりたいとしているが、
日本相撲協会の規約には

〈年寄名跡の襲名は、日本国籍を有する者に限ることとする〉

とあり、その障壁が横綱を苦しめ続けている。

この問題はメディアでもしばしば議論となっている。
日本を代表する国技が、その大変な功労者である白鵬に対し
このような排外主義的な姿勢を取り続けることは大いに疑問だ。

規定がない「一代年寄」
(偉大な功績を残した横綱に与えられる一代限りの名跡。
現役時代のしこ名で親方を務められる)
になれば、国籍に関係なく親方になれそうだが、
相撲協会はこれまで、外国籍の白鵬には与えないとの
見解を示している。

こうした対応は、法律的に大いに問題ありだ。
労働基準法3条は、国籍による差別を禁じているからだ。

労働基準法第3条
使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、
賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしては
ならない。

もちろん、力士が労働者に該当するのかという論点はあり得る。
しかし仮に、労働者に当たらなくても、労働契約類似の契約が
締結されていることに疑いの余地はない。
労働基準法3条が類推適用される可能性はあるし、すべきだろう。

相撲業界に一切の外国人を入れないというのならば
まだわからなくもないが、
外国人力士を受け入れて、活躍してもらう以上、力士引退後の
処遇について、差別すべきではない。
相撲協会と力士の契約が労働契約ではなかったとしても、
外国人力士に、年寄名跡や一代年寄になるチャンスを与えないのは、
憲法14条1項の平等原則に反し、許されないと解すべきだ。

これに対し、あるスポーツライターを称する者が
次のように言っているので全文を引用する。

「こうした議論を世に広められて、一番迷惑に思っているのが
白鵬関本人なのではないのでしょうか?
そもそも白鵬関は、日本国籍を有していないと年寄株を取得でき
ないことに、不公平感を感じていると一言でも漏らしたことが
あったのでしょうか?

すでに日本相撲協会が外国人力士を受け入れるようになって
長い年月が経過しています。これまでも多くの外国人力士たちが
引退の際に通ってきた道ですし、白鵬関もそうした規則、慣習を
理解した上で角界入りしているはずです。
彼だけ特別扱いされ議論の対象になるのは不本意なのではないで
しょうか。

相撲界に限らずプロスポーツ界は、一般の労働環境と比較検討
するのは難しいです。サッカーや野球にも、ドラフト制度や
外国人選手の登録枠を制限するなど、労働基準法に抵触しかね
ない規則があります。
それを皆が納得した上で成立しているのです。

無理矢理白鵬関を利用するのは止めましょう。 」

コイツはまったくわかってない!
久しぶりに血液が沸騰するくらいの怒りを覚えています!!

全部ハイ論破します。

白鵬が文句言ってないから何だっていうんだ!

残業代くれって言われないからあげない、って理論と
まったく一緒。いじめっ子の理論です。

納得しててもダメなのが公序良俗違反、強行法規です。

白鵬やみんなが納得してるからOKね、なんて理屈では、
あらゆる法律が無意味になります。

みんな有給取らずに我慢している。
一人にだけ取らせて特別扱いするのは本人も不本意、
って言ってるのと同じだボケー!

正面から理不尽を通そうとする。
いかにも体育会系っぽい発言ですね。
こういう人が経営者やってるから
労働法はいつまでたっても遵守されないんだな。

愛国心と排外主義をはきちがえたような差別思想は、
相撲界だけの問題でなく、現在日本中に蔓延している。

この拙い記事が、
いまこそ日本を覆う排外主義や差別について、
そして憲法や労働法を遵守することの大切さについて、
改めて考え直す契機となれば幸甚である。

労働事件に関して電子書籍多数執筆しています。
まずは労働者の権利を知るところから始めましょう。
特に、「残業代請求」と「労働組合」にはご注目ください。
無料サンプル等こちらから。
http://bookissue.biz/book/yosuke_kurihara.html

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp