退職後に未完了の業務をやるように言われたら?

<質問>

退職時に、上司が「辞めるなら完璧な引継ぎ書を作れ」と命じてきました。

通常業務ですら超長時間労働になっている状況下で、そんなもん

作れるわけがありません。

結局、作れないまま退職しました。

すると、退職後に上司から電話がかかってきました。

「てめえ、引き継ぎ書を作るように言ったのに作ってねーじゃねーか。

今すぐ作りに来い」とすごい剣幕で怒鳴っています。

退職した会社に働きに行く義務はありますか?

 

<回答>

ありません。

<解説>

雇用というのは契約の一種です。

契約とは約束事です。

いつからいつまで労働力を提供します、その代わりに対価をもらいます、という合意です。

退職後は、上記の約束の期間が終了しているわけですから、

いかなる理由があろうとも労働する義務は生じません。

断ってもしつこく残務処理を要求してくる場合、態様によっては、

刑法の強要罪や恐喝罪が成立したり、労働基準法違反が該当したりすると考えられます。

毅然と断ってください。本当に警察や労働基準監督署へ告訴することも検討してください。

「十分な引継ぎをしていない」という理由だけで損害賠償を命じられる可能性は0に近いです。

問われるのは上司の監督不行き届きであり、あなたの責任ではありません。

ご安心ください。

退職時に会社が無茶苦茶な要求をしてくるというトラブルの報告はとても多いです。

司法書士にご相談ください!

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–