生存権とブラック企業

生存権、という権利をご存知ですか?

日本国憲法25条にこうあります。

日本国憲法第25条
1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に
 努めなければならない。
この条文は経済的困窮という文脈においてよく使われますが、

休みたいときに休んで自分の好きなことができるというようなことも、

「健康で文化的な最低限度の生活」と言えるのではないかと思います。

ブラック企業で自殺者が出る…言葉通り「生存」する権利が奪われている論外な状況です。

死まで至らないにしても、超長時間労働を強いられている状況は憲法違反ではないでしょうか。

国は、社会福祉の一環としてきちんと取り締まる責務が憲法に謳われているのに、

その責務を果たすどころか「残業代0法案」を通そうとしています。

まさしく憲法違反ではないでしょうか。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–