奨学金という名の貧困ビジネス

ブラックバイト・ブラック企業が跋扈する原因の一つに奨学金があります。

我が国には、本当の意味での奨学金はほとんどありません。

世界では、無利子のものしか奨学金とはいいません。

我が国にあるのは奨学金でなく融資です。

若者の貧困が深刻化しています。

いまや、過半数の学生が奨学金を利用しています。

社会に出る前に、数百万から一千万円の借金を背負わされてしまうのです。

残念ながら、今の日本は誰もが4年制私立大学に行ける時代ではなくなりました。

そんな借金を背負って大学に行く価値があるか、よく考えてください。

ちなみに、司法書士になるのに大学は必須ではありません。

私も法学部ではありません。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–