裁判とは、事実の存在を証明する営みである

労働事件の解決方法は裁判以外にもいろいろありますが、

いかなる手段を選択するにせよ、

絶対にやらないといけないのは、「証拠集め」です。

例えば、残業代が欲しいなら、残業したという事実を、

セクハラ・パワハラによる損害賠償を請求したいなら、

セクハラ・パワハラがあったという事実を、

それぞれ証拠によって証明しないといけません。

この活動を「立証」といいます。

従いまして、残業代がほしいなら、とりあえず

過去2年分のタイムカードがあるといいわけですが、

なくてもないなりに工夫して立証していくことになります。

詳しくはお問い合わせください。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–