労働組合・ユニオンの実情

昔と違い、今の日本は労働組合が組織された会社はたいへん少なくなっている。

組織自体はあったとしても、形骸化していたり、加入率が低いことが多い。

「ユニオンは労働環境向上と関係ない政治活動ばかりやっている」などといった

言われなき偏見が喧伝された結果だろう。

使用者側とグルになった政治家やマスコミの作戦にまんまとハマり、

イメージの悪化した労働組合・ユニオンは労働者の支持を集めきれていない。

(ちなみに、司法書士や弁護士も多くは使用者側に立つ。

私のようなことを記事にする司法書士はたいへん少ない。)

しかし、先に書いた記事のように、労働組合・ユニオンに与えられた権限は非常に強力であり、

これに加入しないことは、会社に対抗する極めて有効な術を自ら放棄しているに等しい。

…そうはいっても、自分の勤めている会社に労働組合がなかったり、

組織はあってもバイト等で労働組合に加入する資格がなかったりしたらどうすればいいのか。

大丈夫、ちゃんと方法はあります。

労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–