会社の異動命令は拒否してもいいのか? 育児・介護ver

※異動命令の一般的なお話はこちら

会社の異動命令は拒否してもいいのか?

育児・介護休業法第26条をご紹介しておきます。

第 26 条

事業主は、その雇用する労働者の配置の変更で就業の場所の変更を伴うものをし ようとする場合において、その就業の場所の変更により就業しつつその子の養育又は家族の介護を行うことが困難となることとなる労働者がいるときは、当該労働者の子の養育又は家族の介護の状況に配慮しなければならない。

つまり事業主は、労働者を転勤させようとするときには、

育児や介護を行うことが困難となる労働者について、

その育児又は介護の状況に配慮しなければなりません。

これに関し厚生労働省は次のように述べています。

「配慮することの内容としては、例えば、

 その労働者の子の養育又は家族の介護の状況を把握すること。
 労働者本人の意向を斟酌すること。
 就業場所の変更を行う場合は、子の養育又は家族の介護の代替手段の有無の確認を行うこと。

等が考えられますが、これらはあくまでも配慮することの内容の例示であり、他にも様々な配慮が考えられます。」

残念ながらこの26条には罰則規定はありませんが、

こうした配慮がなされていなかったり、

あなたが異動によって、育児・介護に支障をきたすような事情があれば、

異動命令が無効と判断されやすくなるということはできます。

育児・介護をしている方は、こうした事情を積極的に訴状等でアピールすべきです。

司法書士に必ず伝えてください。

 

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–