奥様の反論 今井絵理子議員シリーズ

「奥様の反論」

デイリースポーツが、今井絵理子議員の
相手方市議さんの奥さんの反論を報じています。

…「4、5年前から破たんしている事実はない。
妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは
極めて不誠実な釈明」

「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたが
そんなことは全く無く、不誠実な釈明」

「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、
9月からは妻と2人の子供を残して自宅に戻らなくなった。
生活費も大幅に減額された」

主張が真っ向から食い違っていますので、
真実は神様しかわかりません。

ここで仮に…あくまでも仮にですよ。
市議は離婚したいと言っている、
妻は離婚したくないと言っている
(または、条件次第で離婚してもいいが
婚姻関係が破綻している事実はないと言っている)とします。

調停が不成立になると、
通常は裁判で離婚するか否か裁判官が決めることになります。

この辺のことは、私はいろいろ電子書籍で説明していますので
そちらに譲ります。

で、今井絵理子議員の法的責任についてですが、
奥様から訴えられる可能性はあります。

その場合、いくつか主張立証できる、すべきことはあり得ます。

何度も言っている「婚姻破綻の抗弁」もその一つです。
抗弁事実の立証責任は今井絵理子議員のほうにあります。

婚姻が破綻していた事実を立証しないといけません。
一般にはそのハードルは低くはないのですが、
本件はどうでしょうか。

別居の事実や離婚調停の事実等を丹念に拾うことになるでしょう。
別居や離婚調停は判例に照らせば婚姻破綻を強く推認させます。

しかし奥様側から、
一方的に理由なく市議が出ていって別居が始まったとか、
一方的に理由なく市議が離婚調停を申立てただけだ、
ということが主張立証されると、
わからなくなってきます。

「一線を越えてない(不貞行為がない)」
という主張は抗弁ではなくて原告主張の否認に当たります。

ですがまあこれは、とある弁護士さんも言っていたように
なかなか苦しい主張になりそうです。

婚姻関係が破綻していると市議から聞かされ、
本心から信じていた(故意・過失がない)
という抗弁主張もあり得ます。
これも立証責任は今井絵理子議員側です。

他にもいろいろありますが、
これも電子書籍に譲ります(笑)

不倫(に該当するかどうかも争点ですが)しちゃった側にも
いろいろと主張できることはあります。

いずれにしても、
電子書籍にも書いたように
1つの不倫は7類型もの訴訟を引き起こしうるので、
下手すると泥沼バトルに発展しかねないですね。

これまで当職は、市議の言い分が正しいと仮定して、
法理論や過去の裁判例に基づいて
今井絵理子議員を擁護する発言を繰り返してきました。

そのこと自体は間違っているとは思わないですし、
今井絵理子議員に対するバッシングは
憲法を無視し、民事の不法行為を構成し得るものや
刑法に抵触し得るような
看過し難いものが多く含まれています。
そのことは司法書士として指摘しないといけません。

しかし奥様から真っ向から反論が出され報道された以上、
奥様から見れば私もまた外野に過ぎず、
真実がどうかわからないのに
無責任なことを言い過ぎるわけにもいきません。

最終的には、司法が判断を下すでしょう。
はたして、市議と奥様の離婚は認められるか。
今井絵理子議員が訴えられることはあるのか。
あったとしてどういう判断が下されるか。

固唾を飲んで見守りたいと思います。
また新しい情報が出しだい、コメントをしていきます。

国会議員に不倫疑惑が起こり、
3組に1組が離婚してしまう今だからこそ、
「女と男の法律学シリーズ」で法律の目線で男女問題を学ぼう!
http://bookissue.biz/book/yosuke_kurihara_2.html

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp