カテゴリー別アーカイブ: 解雇

ブラックバイト・ブラック企業から命を守るシリーズ完結篇がついに出版!

ついにシリーズ完結篇!法律書なのに泣けます! 今回の主人公は、ファミレス店長の正人です。 アルバイトで女子高生のななみは、最初、店長こそが悪の権化だと考えていました。 しかし実際には、店長正人もまた、ブラックバイト・ブラ・・・続きを読む

フットワークが自慢です。 今日受任して翌日訴状提出しました!

土日祝も夜間も年末年始も関係なく対応する、フットワークの軽さが自慢の1つです。 これまでの実績を挙げてみますと、 ・メールをいただいた当日中にお会いしてお話をお聴きしました ・受任した翌日に訴状や仮処分申立書、準備書面等・・・続きを読む

不当な解雇・降格・異動との訴訟での争い方 その3 貧乏プレゼン

※第1回はこちら。 不当な解雇・降格・異動との訴訟での争い方 仮処分を得られる条件の1つに、「権利保全の必要性」、つまり仮決定をするほどの 差し迫った必要性・緊急性があることが求められます。 まあ、有り体に言えば「私は金・・・続きを読む

不当な解雇・降格・異動との訴訟での争い方 その2 仮処分(保全命令)とは

※前回はこちら。 不当な解雇・降格・異動との訴訟での争い方 さて、一般に裁判は、短くて数か月とか半年、長いと1年以上、 最高裁まで争うようなものだと数年とか10年とかいう単位で、 解決までに時間がかかることもあります。 ・・・続きを読む

不当な解雇・降格・異動との訴訟での争い方

例えば、A地からB地への異動を命じられ、それを不当だと争いたい場合、 「原告が、B地において勤務する義務のないことを確認する」 という判決を取ればよろしいです。 部長から課長への降格を命じられ、それを不当だと争いたい場合・・・続きを読む

過度な退職勧奨は違法です!

退職に追い込もうと会社側がもうけた追い出し部屋で働かされたとして、大和証券から グループ会社に出向した男性が、会社側に200万円の損害賠償や給与の支払いを求めた 訴訟の上告審で、会社側に150万円の支払いを命じた二審判決・・・続きを読む

「雇い止め」にも客観的に合理的な理由が必要です!

雇用契約に期間の定めがある場合に、期間満了で契約を更新しないことを 「雇い止め」と言います。 「雇い止め」は、単に契約を更新しないだけだから、会社の自由なのでしょうか? 実は、法律的にはそれほど単純ではありません。 雇用・・・続きを読む

突然理由なく解雇・降格・減給・異動などを言い渡された方へ

突然理由なく解雇・降格・減給・異動などを言い渡された方へ 大変です。お察しします。 状況によっては、それらの辞令は無効、という判決がもらえるかもしれません。 会社と敵対したくないから黙って従う、という選択肢もアリはアリで・・・続きを読む