カテゴリー別アーカイブ: 労働組合・ユニオン

労働法の決定版2冊が期間限定で無料です!

ブラックバイト・ブラック企業から命を守るシリーズ 今月最後の電子書籍無料キャンペーンを実施致します。 対象は、「労働組合・ユニオン」がテーマの第3巻、 そして「残業代請求」がテーマの第4巻です。 ブラックバイト・ブラック・・・続きを読む

マタハラの被害者にも加害者にもならないように

改正男女雇用機会均等法と改正育児・介護休業法がともに2017年1月1日より施行されたことで、 マタニティ・ハラスメント、マタハラの防止策を講じることが各企業に義務づけられました。 政府の指針では、具体策として 〈1〉マタ・・・続きを読む

Change Yourself!

どうしても就業規則で社員のプライベートまで束縛したいなら、 それは24時間指揮命令下に置くということですから、 その分の残業代をきちんと払い、なおかつ36協定で 毎日24時間労働を認める協約を締結する必要があります。 や・・・続きを読む

就業規則で従業員のプライベートを縛るな! 嗜好篇 その2

http://kuririn.info/black-job/shikou/ この問題についてある弁護士先生は、 「プライベートまで規制する就業規則は、個人的には行き過ぎだと思います。 でも、労使協約で合意した内容なら、違・・・続きを読む

就業規則で従業員のプライベートを縛るな! 兼業について その5

http://kuririn.info/black-job/fukugyo/ プライベートな時間の使い方に関して会社へ届け出ることに拒否反応を抱く方もいるでしょう。 しかし、会社にはむしろ、合理的な範囲においては、 ある・・・続きを読む

就業規則で従業員のプライベートを縛るな! 兼業について その2

http://kuririn.info/black-job/fukugyo/ もし会社が本気で従業員の兼業を全面的に禁止するというのであれば、 24時間365日分の残業代をよこせという話です。 なぜなら、プライベートな時・・・続きを読む

会社の悪口をSNSで書くことは懲戒事由に当たるのか?

弁護士ドットコムで、勤務先の給料の低さを嘆くようなことをSNSに書いたところ、 懲戒処分で半年間も減給された、という事例が紹介されていた。 この程度で刑法上の名誉棄損罪や侮辱罪に当たる可能性は低いだろうし、 懲戒処分とし・・・続きを読む

個人事業主だから残業代は出さない、は適法か? その3

個人事業主だから残業代は出さない、は適法か? その1 前回までで、理論的なことはほぼ説明しつくしました。 実際の裁判所の判断はどうなっているのでしょうか。 会社側は「個人事業主だから残業代は出さない」といい、 従業員は「・・・続きを読む

無料の労働法セミナー開催決定! 参加者大募集します!

電子書籍第3弾出版を記念しまして、労働法の無料セミナーを開催したいと思います。 労働組合・ユニオンや残業代請求の話を中心に、 皆様の悩みの解決に直接役に立つセミナーにしたいと考えています。 今思いついたばかりなので日時・・・・続きを読む

電子書籍第3弾、出ました! これを読めば労働組合の入り方・作り方わかります!

電子書籍第3弾 「ユニオンの威力 ~労働者よ団結してブラック企業・ブラックバイトから命を守れ!~ (司法書士くりりんの事件簿3)」出版! ※電子書籍の販売サイト(無料サンプルも見られます) https://www.ama・・・続きを読む

残業代請求は労働者の当然の権利です! その4 残業代請求のハードルは高いの?

※その1はこちら。 残業代請求は労働者の当然の権利です! その1 残業代請求がイマイチ流行しない理由を考察する続きです。 実質的な理由としては、以下のことがあります。 ・過払い金請求に比べると定型化しにくい。事案に即した・・・続きを読む

残業代請求は労働者の当然の権利です! その3 残業代請求が定着しない理由

※その1はこちら。 残業代請求は労働者の当然の権利です! その1 かつて司法書士や弁護士の間で、「過払い金バブル」という時代があった。 悪徳な消費者金融から違法金利を取り戻すのに大きな貢献を果たした一方で、 一部の消費者・・・続きを読む

残業代請求は労働者の当然の権利です! その2

※ぜひ前回の記事からご覧ください。 残業代請求は労働者の当然の権利です! その1 残業代請求(に限らず労働事件全般)は、お一人で闘ってももちろんよいのですが、 信頼できるお仲間を誘って、みんなで団結するのが効果的です。 ・・・続きを読む

残業代請求は労働者の当然の権利です! その1

物を売ったり、サービスを提供したら、対価としてお金を請求するのは当然ですよね? あなたは、ボランティア活動やタダ働きがしたくて会社勤めをしているのですか? 答えは当然ノーですよね。 あなたはお給料をもらうためにお仕事をし・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの実情

昔と違い、今の日本は労働組合が組織された会社はたいへん少なくなっている。 組織自体はあったとしても、形骸化していたり、加入率が低いことが多い。 「ユニオンは労働環境向上と関係ない政治活動ばかりやっている」などといった 言・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える その2

※まだお読みでない方はこちらを先にどうぞ。 労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える   労働組合・ユニオンとしての正当な行為は、刑事的にも民事的にも免責される旨が 労働組合法に定められて・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える

あなたの会社がブラック企業・ブラックバイトだったとして、 それをSNSに書き込んだり周囲に言いふらしたりしたらどうなるか。 まず、刑事的に、以下の条文に触れる可能性が高いです。 刑法第230条 公然と事実を摘示し、人の名・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの成功例

2016年3月、埼玉県の高校生が、コンビニ「サンクス」と団体交渉を重ね労働協約を結び、 1分単位の給与支給ルールを確立するとともに、 過去2年分の未払い賃金(レジで計算が合わないときに自腹で補てんさせられていた分を含む)・・・続きを読む

なぜブラック企業・ブラックバイトが跋扈するのか 労働組合・ユニオンの勧め

高橋まつりさんの悲しすぎる死から1年。 ようやく世間にブラック企業・ブラックバイトという言葉は浸透した。 しかし、相変わらず世の中に平然と存在し続けていて、 今も多くの人が苦しんでいる。 なぜブラック企業・ブラックバイト・・・続きを読む

労働者よ団結せよ! 労働組合・ユニオンへの偏見に騙されない

世の中には、使用者側に立った書籍・司法書士・弁護士が多い。 私のように労働者側であることを鮮明に打ち出す司法書士は少ない。 たとえばある本には、「ユニオンは労働者の地位向上に無関係な政治活動ばかりしている」 と書いてある・・・続きを読む