カテゴリー別アーカイブ: 刑法・刑罰

偽装結婚に刑罰を科すことは妥当か? その2 届出婚主義とは

http://kuririn.info/jiei/gisou/ 日本の民法は、どんなに愛し合っている2人であっても、婚姻届を提出しなければ 婚姻の効果を認めない、「届出婚主義」を採用しています。 しかし、婚姻の成立には、・・・続きを読む

偽装結婚に刑罰を科すことは妥当か? その1

「偽装結婚」したとして、都内に住む中国籍の女性(31)と日本人男性(53)が1月11日、 警視庁に逮捕された。 刑法には、「偽装結婚罪」というものはない。 さて、いったいどんな罪になるのだろうか。 受験生の皆さんは答えら・・・続きを読む

バイトにノルマを課すんじゃねえ!

クリスマスが終わったらすぐに恵方巻、日本人の消費(浪費?)活動は忙しい。 大学生・高校生コンビニバイトのみなさん!恵方巻のノルマ未達成でも、 買い取る義務ないですから、絶対に「買う」と言わないでください! 勝手に給料から・・・続きを読む

教育の義務は誰の義務? その1

不登校の子に、「学校は義務なんだから行きなさい」と説教するのは不適切です。 日本国憲法第26条 1 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。 2 すべて国民は、法律の定・・・続きを読む

就業規則で従業員のプライベートを縛るな! 兼業について その5

http://kuririn.info/black-job/fukugyo/ プライベートな時間の使い方に関して会社へ届け出ることに拒否反応を抱く方もいるでしょう。 しかし、会社にはむしろ、合理的な範囲においては、 ある・・・続きを読む

上階の騒音がうるさい…でも絶対にやってはいけない対応

上階の騒音がうるさい…でも絶対にやってはいけない対応、 それは「騒音主への仕返し」です。具体的には、 ・下から天井を思いっきり突いたり大きな音を出し返したりする ・上の階の部屋のドアを思い切り蹴る ・「うるせえ!殺すぞボ・・・続きを読む

AKB48紅白選抜 矢吹奈子さんと田中美久さんの年齢制限について考えてみる その6

AKB48紅白選抜 矢吹奈子さんと田中美久さんの年齢制限について考えてみる その1 では、答え合わせです。 矢吹奈子さんと田中美久さんの出演を禁じている法律は「労働基準法」です。 この法律の対象は「労働者」の保護です。 ・・・続きを読む

公衆電話のかけ方がわからない中学生の存在

今、池上彰さんの特番でやってました。 防犯の観点から問題があるように思います。 …ウチの子は大丈夫かな。小2でまだ一人でバスや電車乗れないっぽいから、 ちゃんと教えてあげないとなあ…。   (Facebookを・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える その2

※まだお読みでない方はこちらを先にどうぞ。 労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える   労働組合・ユニオンとしての正当な行為は、刑事的にも民事的にも免責される旨が 労働組合法に定められて・・・続きを読む

労働組合・ユニオンの威力 名誉棄損罪・侮辱罪・不法行為を考える

あなたの会社がブラック企業・ブラックバイトだったとして、 それをSNSに書き込んだり周囲に言いふらしたりしたらどうなるか。 まず、刑事的に、以下の条文に触れる可能性が高いです。 刑法第230条 公然と事実を摘示し、人の名・・・続きを読む

AV出演を強要され多額の損害賠償請求を受けている方へ

裁判所が、AV撮影を断ったことを理由に、多額の違約金の支払いを命じることなどあり得ません。 毅然と断ってください。 むしろこっちが強要罪等で告訴できるところです。 とにかく、一人で事務所に行かないでください。 できれば、・・・続きを読む

芸の強要は犯罪です!

上司の皆さん!忘年会で部下にピコ太郎や恋ダンスなどの芸を強要することは、刑法の強要罪に触れるれっきとした犯罪ですよ!司法書士は告訴・告発状も作れます。若手の皆さん、強要されたらすぐにご相談ください! ブラック企業から命を・・・続きを読む

無罪推定の原則 ASKAさん報道を考える その3

推定無罪の原則から考えた場合に、刑事事件をめぐるマスコミの姿勢は甚だ疑問です。 逮捕の時点で顔写真も氏名も当然のように公開していますが、いかがなものでしょうか。 当たり前のことですが、逮捕された時点では、その人はまだ犯罪・・・続きを読む

無罪推定の原則 ASKAさん報道を考える その2

「疑わしきは被告人の利益に」という無罪推定の原則は、犯罪の明確な証明があったときにのみ 有罪となり、それ以外の時は無罪となることを意味します。 また、犯罪の立証責任を検察官に負担させ、立証できないときは被告人を無罪とする・・・続きを読む

無罪推定の原則 ASKAさん報道を考える その1

「疑わしきは被告人の利益に」という無罪推定の原則があるが、 (「推定無罪」という用語は正しい用語ではありません!) この意味はご存知でしょうか。 「犯罪を犯したかどうか疑わしくグレーな時は、おまけして被告人を無罪にしてあ・・・続きを読む