カテゴリー別アーカイブ: 司法書士・裁判

司法書士と気楽に話せる安心できる地域を作ろう! その4 本当の司法過疎とは

http://kuririn.info/lawer/talk/ 今日のイベントで、多くの方から 「司法書士と話せてよかった」「思ったより敷居が高くなかった」 という感想をいただきました。 大変光栄です。 しかし、裏を返せ・・・続きを読む

司法書士と気楽に話せる安心できる地域を作ろう! その3 多摩市地域サロン連絡会

http://kuririn.info/lawer/talk/ で、ようやく今日のイベントの話なんですが、 多摩市の社会福祉協議会が主催する地域サロン連絡会でした。 多摩市内には、地域サロンが約70存在しているようです。・・・続きを読む

司法書士と気楽に話せる安心できる地域を作ろう! その2 司法過疎委員会の活動

http://kuririn.info/lawer/talk/ 司法過疎委員は、もともとは以下の2つの目的で活動しておりました。 ・司法書士が1人もいない市町村、文字通りの司法過疎地域で無料法律相談等を行う。 ・孤独死対・・・続きを読む

司法書士と気楽に話せる安心できる地域を作ろう! その1 司法過疎委員について

今日は、多摩市の社会福祉協議会が主催する、地域サロン連絡会に参加してきました。 司法過疎委員会のプロボノ活動の一環になります。 そこで、そもそも司法過疎委員会とは何か、という話からしていきます。   まず、司法・・・続きを読む

偽装結婚に刑罰を科すことは妥当か? その4 養子縁組で重要な判例

http://kuririn.info/jiei/gisou/ 婚姻と養子縁組はよく対比して語られます。 養子縁組のほうも婚姻と同じで、「真の親子関係を作る意思」がなく、 形式的に届け出がされただけの養子縁組は無効という・・・続きを読む

東京家庭裁判所の裁判官のお話

昨日、東京家庭裁判所の裁判官のお話を聴く機会がありました。 いやあ、めちゃくちゃ勉強になった。 印象的だったのは、東京家裁では、同じ時間帯に一気に10件以上の離婚事件を入れて、 裁判官が一気に捌いているということ。 って・・・続きを読む

生活保護は憲法に裏打ちされたれっきとした権利です!

生活保護は、憲法25条、生存権に裏打ちされた、れっきとした権利です。 小田原市のジャンパー問題も、行政の水際作戦も、司法書士は絶対に許しません。 「どこの馬の骨かわからない人に生活保護は出せない」 「仕事なんてえり好みし・・・続きを読む

少子化と司法の役割

安倍は、希望出生率を1.8にすると言っている。 この数字は、女性の8割が結婚すると仮定した場合でも、 既婚女性全員が2.24人産まないと達成できない数字だ。 あなたのまわりに、3人の子を持つ家庭いらっしゃいますか? それ・・・続きを読む

近隣トラブルの適切な対応策とは

適切でないほうもぜひご覧ください。 上階の騒音がうるさい…でも絶対にやってはいけない対応 私のお勧めは、「第三者を交えた話し合い」です。 ・大家さんや管理組合の理事に仲裁してもらう ・「すてっき」等、司法書士会にADRの・・・続きを読む

近隣トラブル事件の特質

ある近隣トラブル事件での和解条項にて。 「甲と乙は、本合意書に定めるものの外、 名義の如何を問わず金銭その他の請求を相互にしないことを確認する。」 これは、よくある普通の清算条項です。 私は、第2項にこんなことを書きまし・・・続きを読む

残業代請求も司法書士にお任せください! その2 本人訴訟のほうがむしろ有利

http://kuririn.info/black-job/no-lawer-2/ はっきり言って、残業代請求は法律的に難しいことは何もありません。 働いていたことさえ証明できれば、お金が請求できるのは当たり前だからです・・・続きを読む

残業代請求も司法書士にお任せください! その1

実名は出しませんが、とある弁護士先生がExcelで作った残業代計算ソフトがある。 無料で頒布している。なかなか志のある人物だ。 どんなものかと思い、ダウンロードしてみた。するとなんと! 「司法書士など他士業の方の利用は固・・・続きを読む

フットワークが自慢です。 今日受任して翌日訴状提出しました!

土日祝も夜間も年末年始も関係なく対応する、フットワークの軽さが自慢の1つです。 これまでの実績を挙げてみますと、 ・メールをいただいた当日中にお会いしてお話をお聴きしました ・受任した翌日に訴状や仮処分申立書、準備書面等・・・続きを読む

言った、言わないを防ぐには

正式には、内容証明郵便を配達証明付きで出すことです。 最近は電子内容証明郵便もありますので、一頃よりは手軽になったでしょうか。 そこまでするほどのことでもない場合、今の時代ならお勧めはメール。 簡単に送信記録や受信記録が・・・続きを読む

これからの訴訟支援のあり方を考えるシンポジウム

(司法書士向け) 平成29年3月18日(土) 午後1時から午後5時まで、日司連ホールにて、 「最高裁判決 突きつけられた課題~これからの訴訟支援のあり方を考える~」という、 ショッキングなタイトルのシンポジウムが開催され・・・続きを読む

司法改革の矛盾

教育社会学という分野においては、試験を2種類に分けて考える。 1つめは、examination. いわゆる通常の試験だ。 これは、基準以上の成績を取れば何人でも合格とするもの。 漢検、英検、語彙読解力検定などたいていの検・・・続きを読む

裁判を身近に

世間一般の方々にとって、裁判というのはものすごい特殊な人だけがやるものという イメージのようです。 私が事件を傍聴していて衝撃的だった発言が、一般市民の被告の方で、 「裁判所から呼ばれていることが職場に知られたらクビにな・・・続きを読む

クリスマスの誓い

今日は高橋まつりさんの命日。 高橋まつりさんがニュースになったのは、母親の幸美さんが勇気をもってお顔と実名を公表して 世間に呼びかけたからです。多くのご遺族の方は、誹謗中傷を恐れて、 身内が自殺で亡くなったことを公表でき・・・続きを読む

数学が楽しめない人は司法書士等になるべきではない!

さて、司法書士のくせにたくさん数学の話をしてきました。 偉そうに言ってきましたが、私自身、数学には興味はありますが、 全然できるわけではありません。 私は高3以上の数学がわからないまま理系になってしまいましたので。 現在・・・続きを読む