「終活」は信託を知る司法書士くりりんにお任せください!

http://kuririn.info/lawer/tyoukai/

懲戒件数の考察に絡めて言えば、
私は現在の成年後見制度はとても危険なものだと感じています。

…古いデータですがある年1年間の成年後見人による
不正事件は年間831件、
被害総額は56億7000万円にも達しました。

人は、多額の財産を手にしたならば
どんなに普段善い人でも人格が変わってしまう。

このことを正面から受け止めた制度設計にしないと。
ただ「高い倫理観を持て」ではいつまでも解決できないと思います。

誤解なきように付言しますと、
831件のうち、いわゆる専門職によるものはたった22件、
金額は5億6000万円でした。

客観的に見ても、親族後見人にお金を任せるより、
司法書士にお金を任せるほうがずっと安心なのです。

しかしマスコミは専門職の横領ばっかりニュースにするので、
制度自体の不備も相まって、
世間のイメージは専門職後見人に対して
非常に厳しいものとなっています。

…ではどうすればいいのか。
私の答えは、「民事信託」を利用した新しい相続・後見の実現です。
長くなりますので内容はいずれまた。
興味のある方は以下の連載記事をご覧ください。

http://kuririn.info/guardian/trust/

「終活」は、信託を知り毎月高齢者サロンでセミナーを実施している
司法書士くりりんにお任せください!
(認知症サポーター養成講座受講、オレンジリング修得済)

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–