不易

人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香ににほひける
百人一首の35番目、紀貫之による歌です。
さあどうでしょう、人(あなた)の心のことはわかりませんが、
昔なじみのこの里では、梅の花だけがかつてと同じ
良い香りをただよわせて美しく咲いていますよ。
※「にほふ」は、昔は「美しく咲く」という視覚的な語でしたが、
平安時代頃より良い香りがするという嗅覚的な意味も
表すようになったようです。
昔は初瀬の長谷寺へお参りに行くたびに泊まっていた宿に
しばらく行かなくなっていて、何年も後に訪れてみたら、
宿の主人が
「このように確かに、お宿は昔のままでございますというのに」
(あなたは心変わりされて、ずいぶんおいでにならなかったですね)
と言われた。
そこで、その辺りの梅の枝をひとさし折ってこの歌を詠んだ、
ということです。
宿の主人にちょっと皮肉を言われたので、
「君も私のことなんて忘れてたんじゃないかね。
世間ってものは忘れっぽいものさ。
梅の花だけはずっと昔のままだけどね」
と機転を利かせて小粋に切り返した、といったところでしょうか。
もちろん、宿の主人が女性で、遠い昔の恋愛を暗示している、
と解釈することもできるでしょう。
どちらにせよ、紀貫之が世間をどのように見ていたか、
彼の人生観を窺い知ることのできる興味深い一首です。
人の心は移ろいやすい。変わらないのは自然だけだ。
最近の、「法律は人を裏切るが数学は人を裏切らない」
という私の人生観とシンクロする気がする、
そんな考え方、僕の考え過多?
とにかく最近になって急速に興味を持った一首です。
春にもふさわしいのでご紹介しました。

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

あなたの大切な財産を有効活用し後の争いを未然に防ぐためにも、

「終活」は元気なうちに、認知症になる前にご相談ください!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–