降水短時間予報を活用しましょう

実は私は気象予報士の資格も持っています。

(試験に合格しただけで、登録はしていません)

今日はとっても便利な、

降水短時間予報と降水ナウキャスト

をご紹介します。

例えば私は今、東京都町田市内の某所にいます。
外はやや強い雨~強い雨が降っています。

…今は外出たくないなあ。

はてさて、もっと雨が強くなる前に急いで帰るべきなのか、
それとももう少ししたら弱まるからこのまま少し時間を潰すべきか。

こういうときってありますよね。

この問いに答えをくれるのが、
降水短時間予報と降水ナウキャストなのです。

私は、特に降水短時間予報のほうをよく使います。

降水短時間予報や降水ナウキャストは、
過去の降水域の動きと現在の降水の分布を基に、
目先1~6時間までの降水の分布を1km四方の細かさで予測するものです。
通常1日3回発表される今日・明日の天気予報や天気分布予報とは異なり、
短い時間間隔で発表することにより、
1~6時間先までの降水の予測を可能な限り詳細かつ迅速に提供します。

降水短時間予報は、解析雨量と同じく30分間隔で発表され、
6時間先までの各1時間降水量を予報します。
例えば、9時の予報では15時までの、
9時30分の予報では15時30分までの、
各1時間降水量を予測します。

降水ナウキャストは、より迅速な情報として更に短い5分間隔で発表され、
1時間先までの5分毎の降水の強さを予報します。
例えば、9時25分の予報では10時25分までの5分毎の降水の強さを予測します。

降水短時間予報を利用することにより、数時間の大雨の動向を把握して、
避難行動や災害対策に役立てることができます。
さらに、数十分程度の強い雨で発生する都市型の洪水などでは、
降水ナウキャストが迅速な防災活動に役立ちます。
降水短時間予報と降水ナウキャストを併せて利用することで、
防災活動に有効な情報を得ることができます。

また、降水短時間予報や降水ナウキャストは、
外出や屋外での作業前に目先数時間の雨の有無を知りたいときなど、
日常生活でも便利に利用することができます。

なお、降水短時間予報と降水ナウキャストの作成には気象レーダーによる観測を用いています。
レーダー観測の原理上、実際には降水のないところに降水域が表示される場合があります。

以下、少し専門的なお話ですが、
解析雨量により毎時間の降水量分布が得られます。
この降水量分布を利用して降水域を追跡すると、そ
れぞれの場所の降水域の移動速度が分かります。
この移動速度を使って直前の降水分布を移動させて、
6時間後までの降水量分布を作成しています。

予測の計算では、降水域の単純な移動だけではなく、
地形の効果や直前の降水の変化を元に、
今後雨が強まったり、弱まったりすることも考慮しています。
また、予報時間が延びるにつれて、降水域の位置や強さのずれが大きくなるので、
予報時間の後半には数値予報による降水予測の結果も加味しています。

…まあ。百聞は一見に如かずですから、実際の画像を見てみましょう。
まず現状から。

黄色いところが、20mm以上の強い雨が降っているところです。

で、クリックするごとに1時間先の予報が出てきます。
どんどん雨弱まるのがわかります(町田市の場合)。

で、6時間先の予報を見てみると、

ね?町田市は1mm未満の雨になる予報です。
1mm未満は、気象庁では雨とみなさない程度の弱い雨です。
(降水確率は「1mm以上の雨が降る確率」を指す)

ですから私は、終電までこのままブログ書いたり
明日の相続クイズを予習したりしてから帰ろうという結論になるわけです。

気象予報を正しく賢く利用して、便利な暮らしをおくりましょう!

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–