努力したけど報われなかった時の正しい考え方

※続き物です。初回はこちら。

高収入を求める女性の言い分

では、私からの最終問題です。

問題:運動部の子が、一生懸命がんばったのにレギュラーに選ばれず、すっかり落ち込んで
「努力は必ず報われるなんて嘘だ!だから僕はもう努力なんか意味ないからしないんだ」
と言っている。
さて、あなたが親や教師の立場なら、どうやって励ましますか?

努力は必ず報われる。この命題は正しくありません。
しかし、「努力しない人は成功しない」この命題なら、正しいと思います。

つまり、努力することは成功することの必要条件であって、十分条件ではないのですね。
この格言は、努力しない人を成功者の対象から消去しているのです。

そして、「努力しない人は成功しない」の対偶を考えましょう。

「ある人が成功したならば、その人は必ず努力家である」(ちょっと言い換えました)
前に説明した通り、ある命題が真ならば、対偶も必ず真になります。

ですから、私ならこう言います。

「努力しても必ず成功するとは限らない。
でも、成功する人は必ず努力をしているよ。だから次もがんばれ」と。

これは大人にも言えることです。
何事においても成功するには、強運も必要ですが、
その強運を掴むには努力していることが必要条件です
(十分条件ではありません)
それも、適切な方法で十分な時間努力することが必要です。

数学的思考ができない人は、上の子どもみたいにスネ夫になってしまったり、
意味不明にブログを炎上させたり犯人でない人を疑ったりしてしまうのです。

数学を勉強することは、よい人生を送るための必要条件です。
(十分条件ではありません)

 

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–