語彙読解力検定とは?

「語彙・読解力検定」ってご存知ですか?
朝日新聞とベネッセが共催している検定です。

これは、かなりいい検定だと思います。

4級でもけっこう侮れないですよ。
例えば、以下の言葉の意味、あなたはわかりますか?
(子どもに聞かれて説明できますか?)

・断腸の思い
・卓越する
・演繹的と帰納的
・産業の空洞化
・BRICS
・地産地消とフードマイレージ
・フェアトレード

上に具体例を出したような、「辞書語彙」と「新聞語彙」
そして「読解」(天声人語など)が出題されます。

国語の試験と社会の試験を併せたような感じですかね。

私は、司法書士になる前に家庭教師や学習塾で働いていたので
よくわかるのですが、

今の子どもたちが最も苦手とするものが、
この検定には詰まっています。

とにかく、簡単なことわざや慣用句、
大人が使う言葉をまったく知らない児童・生徒が本当に多いです。
携帯小説しか読まないからでしょうか?

そして先生にもため口で話す今どきの子どもたちは、
敬語の使い方もわかっていない。
理論も実践もなっておらず、
尊敬語と謙譲語の違いの理解で相当にてこずります。

日頃、まったく使ってないんだな、ということが
授業してみるとよくわかります。

昔と違い、携帯で直接本人に連絡が取れてしまうから、
敬語を使う機会が本当にないのでしょう。

「あの先輩、マジやばいよね」 → かっこいい
「お母さん、このケーキ超やばい」 →おいしい
「景色を見て、みんな口々にやばいと言いました」 →きれい、すばらしい

…このように、なんでも「やばい」の一言ですませてしまう等していると、
非常に語彙が少なくなってしまいます。

大人の入り口たる成人儀式として、
すべての子どもたちに課したい検定です。
もちろん、既に大人になってしまっている方にもお勧めです。

公式HPはこちら。
http://www.goi-dokkai.jp/

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–