高等教育の意義

高1までの数学ならば何とかなりますが、
高2の数Ⅱ・数Bから内容が激ムズになり、概念自体が難しいので、
教科書レベルの例題を解くだけで四苦八苦です。
…正直な話、その辺の街中を闊歩している女子高生が、
こんな難しい数学を理解できているとは到底思えない(失礼!)

…ニュートンやライプニッツがいかに天才か、
微積分が人類の発展にどれほど貢献しているかを
露ほども理解させず、ただ公式の丸暗記による
定積分の計算だけさせたり対策プリントを暗記させたりする
日本の高等教育に一体どれほどの意味があるというのだろうか…。

せめて、今やっている計算にどういう意味があるのかくらい
理解させてほしいものです。
その意味で、
「マンガでわかる微分積分」(オーム社)はお勧めです。
マンガ自体もおもしろいし、微分積分の説明そのものも
大変ユニークでわかりやすいです。

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–