続・お役所仕事を考える

…と、大人げない文章を投稿した後程なく無事に呼ばれました。

市の方は一生懸命対応してくださっているとは思うのですが、

市民目線から見るといろいろ思うところがあるので考察します。

というわけで、改めてお役所の事務について考えてみましょう。

前提として、市の職員に文句を言いたいとかそういうわけでは
決してございません。

…人口40万人以上を抱える市の事務を、限られた人と予算で捌く
わけですから、

玉川学園〇丁目から△丁目に移るのに1時間かかったとしても
大目に見るべきかもしれません。(?)

ただ、そうならそうで「1時間程度かかりますがよろしいですか」
とか聞けないのかね。
私が問題にしたいのはそこです。

こちとら、30秒くらいで呼ばれるもんだと思ってるわけですよ。
1時間かかると知っていればいくらでも別のことができるわけだ。

司法書士事務所で、
「少々お待ちください」
と言って1時間待たせるような接遇をしたら
その方は二度と来てもらえません。

事務の内容にしてもだ。

「お子さんの学年をご記入いただいてもいいですか?」

…いや、別にいいけど、
どうして生年月日と別に学年を記入する必要が?
エクセルで引っ張れないの?

「お子さんの小学校名よろしいですか?」

…市の教育委員会でデータ持ってるんじゃないの?
なんで市立の学校に子を預けてるのに、
市に小学校名を届ける必要があるのだ、

といちいち気にしてしまう私のほうがおかしいのか?

でも、一事が万事、役所の方は仕事を作って仕事をした気になってるだけで、
実は必要ない仕事がたくさんあるように思えてならないのです。

上に挙げたのは些末な一例に過ぎないし例として不適切な部分も
あるとは思いますが、
市民感情をご理解いただけるとありがたいと思います。

…あれ、誰に向かって書いているんだ(笑)

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–