日本人の劣化3

「日本人の劣化3」

ほぼ同時期に明るみになった
自民党・豊田真由子衆議院議員のパワハラ騒動と、
稲田朋美防衛大臣の「自衛隊としてもお願いしたい」失言騒動。

両者の報道のされ方の違いを見て、
気づくことはありませんか?

豊田議員のパワハラは確かにショッキングであり許しがたい。
一方、稲田大臣の失言は、我が国の民主主義や
シビリアンコントロールを根底から覆す極めて深刻なものです。

あえて軽重をつければ、もう何次元も稲田大臣の罪のほうが重い。

しかしメディアはどうか。

連日、豊田議員の「このハゲ!」が流れました。
しかもいくぶん、おもしろおかしくしている感じがしないでもない。
ハゲの芸能人に話を聞いてみたりとか。
まあ、私自身もよく冗談として使うので
そこは反省しないといけない。

一方の稲田朋美の失言はわずかに触れられるばかり。
ましてやあの失言が如何に前代未聞かつ深刻であり、
大臣の資格どころか代議士としての資格にさえ疑義がつく
ほどの大問題であると直截に指摘し
わかりやすく国民に示そうとするする姿勢など、
ほぼ皆無だ。

「わかりやすければいい」「おもしろければいい」
という考え方だけではダメなのだ。

政治をワイドショーにしているうちは
我が国が一流の国家になれることは決してないのです。

本当の危機、本当の問題、真に重要なことというのは、
わかりやすくもない、おもしろくもない部分に
ひっそりと存在するのです。
(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–