我が子を勉強好きにする5つの方法

私が実践している方法をいくつかご紹介します。ご参考までに。

1 (絵)本の読み聞かせ

子どもが小さいときにはこれが鉄板。

2 とことん遊ばせる

子どもは遊び体験の中からいろいろなことを学んでいきます。

3 質問する

(電車で)「左側のドアが開くって。どっちが開くのかな?」

(散歩で)「お家はどっち?」

のように、事あるごとに子どもに質問して考えて表現させる。

4 好きなことを極めさせる

例えばウルトラマンが好きだったら、いろんな図鑑を買ってあげて、

ウルトラマンのことなら誰にも負けないと言えるくらいに調べさせてみる。

こうすると、何でも知らないことを調べようとする子になる。

調べること、知ること自体のおもしろさを体験させることが大切。

5 親子で一緒に検定を受ける

ある程度子どもが大きくなったらお勧め。

漢字検定であれば小1から目指せる級が存在する。

他にも語彙読解力検定や天文宇宙検定、世界遺産検定に歴史検定など、

親子の興味に合わせて選ぶとよい。

実際私も今回、親子で語彙読解力検定を受ける、
ということをやってみて、これはとてもいいことだと思いました。

親は子の背中を見て育ちます。
勉強する子に育てるには、親が勉強することが必要条件です。

受ける級にもよりますが、
親も本気でがんばらないと合格できませんから、
自分にとっても勉強になるし、
そういう姿を子に見せることで教育効果も見込めるというわけです。

お子様をお持ちの方は、
ぜひ親子で検定を受けてみてください。
2月の漢字検定なんていかがですか。
漢字検定なら10級からありますから、小1~大人まで、
みんなで受けられるし、漢字力は大切ですからね。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–