外国にも表現の自由がある 韓国の少女像問題を考える視点

韓国の少女像問題。

あれは「反日」ではなく「平和希求」の象徴である点と、設置者は政府でなく市民団体である点、

そして、韓国もまた近代国家であるから、国民の表現の自由は保障すべきという点、

この3点を踏まえて考えないといけません。

例えば、アメリカが大金積んで原爆ドームの撤去を日本政府に求めてきて、

日本政府がその要求を呑んで原爆ドームを撤去したら、日本国民はどう思うでしょうか。

アメリカに対して「この野郎」という気持ちが余計に増してしまうのでは?

煽りに乗って、嫌韓感情を高ぶらせてはいけません。

我々が人権を重んじるように、外国においても人権は重んじられるべきものです。

北風より太陽。

自然と、像を撤去してくれるように誠心誠意説明していく態度が必要なのだと思います。

 

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–