民進党グッドジョブ! 生活保護篇

日本では、生活保護家庭の子どもは、大学進学できない仕組みになっている、

という事実をご存知でしたか?

生活保護家庭の子が大学に行くには「世帯分離」と言って、

もとの生活保護家庭とは別の世帯必要があるのです。

しかしその場合、世帯構成員が一人減るので、保護費は6万円くらい減ることになります。

この減った分をバイトして必死に稼ぎ、さらに授業料等も稼いでいくのですが、

それで疲弊していき、勉強する時間もなくなっていく、という構図があります。

(もっともそれは、生活保護家庭でない学生さんも一緒で、近時大きな社会問題になってます)

この状況について、1月26日の衆議院予算員会において、民進党の細野豪志議員が、

安倍に切り込んでいきました。 グッドジョブです!

こういうのが国会議員の仕事ですよね。

どこぞの、貧困女子高生を叩いて仕事した気になってる自民党の片山さつきは

細野豪志議員の爪の垢でも煎じて飲め!

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–