人生を危険にさらせ!

「人生を危険にさらせ!」

…こいつまた危ない発言してるって?
嫌だなあ、僕の言葉じゃないですよ。
かの有名な哲学者ニーチェの言葉です。…
そして、…あのりりぽんの著書のタイトルでもあります。

なんとアイドルなのに哲学の本を出しているんですよ。
幻冬舎です。
かなり売れているらしく、文庫版も出ています。

これがなかなかおもしろい。そして難しい。

若いのに、難しいこと考えてるねえ。
さすが、「恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃない」
との名言を生み出せるわけだ。

よくよく考えてみるとこの言葉ってすごく哲学的ですよね。
恋愛が恋愛じゃないって、一見矛盾してるんだけれども、
本質を衝いている。

私は、りりぽんの約2倍生きてますけれども、
りりぽんのように難しいことを最近考えているか、
善く生きようとせずただ生きてないか、
考えさせられました。

前掲書によると、りりぽんは学年で成績1位になるくらい
頭が良かったらしいのですが、
学校の勉強はあまり好きではなかったようです。
何が好きじゃないかというと、

「とにかく覚えなさい、暗記しなさい、
なんなら暗記の方法まで暗記しなさい」

っていうのが嫌だったらしい。

「暗記中心の勉強は、私たちから物事を自分で考える契機を
奪い去ってしまう。
「なぜ?」という疑問を抱く余地すら与えず、
「あなたのためだから」と挙句の果てには、
暗記の仕方まで暗記させるパターナリズム」

と、現在の日本の教育をかなり辛辣に批判しています。

…気が合うねえ(笑)
一気にりりぽんのファンになってしまいました(笑)

「人生を危険にさらせ」
この言行一致っぷりもすごいですよね。
いや、皮肉じゃなく。

私が女性アイドルを擁護するのは今に始まったことではありません。
今回も、りりぽんを全力で擁護します。

やっぱりさあ、小難しい法律論より先に、どう考えても、
10代、20代の少女に恋愛禁止ルールを標榜させて、
それでお金儲けようなんて、
そんなゲスい考えの大人が一番悪いですよ。

そして、
恋愛禁止なんて本当に実行したら超人権侵害なわけで、
幻想に決まってるんだから、
結婚発表くらいでガタガタ騒いではいけませんよ。

手品師に「タネも仕掛けもありません」
と言われて、タネがあっても別に怒らないでしょ。
「おいおい、タネくらいちゃんと隠せよ」
とは思うかもしれないけれど。

「まあ、そりゃあそうだよね」
と大人の余裕で受け流してあげないと。

どうしても許せないならば、
その批判の矛先は大人に向けるべきであって、
りりぽんに向けるのは筋違いです。

アイドルの恋愛禁止は、
心に余裕のなる大人として、
ネタとして楽しむべきことなんです。
真剣にそれを求めたらタダの重大な人権侵害になってしまいます。

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–