司法書士になりたいなら、三種の神器をひたすら回そう

司法書士試験合格の秘訣は、

三種の神器をひたすら回すことである。

三種の神器とは、

・オートマ本体

・でるとこ

・オートマ過去問

の3つを指す。

慣れてきたら、オートマ本体をプレミアに代えて新三種の神器にするのがよい。

私は、合格までにでるとこを20回以上は解いた。

「点数が伸びない」「合格できない」

と嘆く資格があるのは、(新)三種の神器を20回以上回した者のみである。