法律相談の注意点

問題

甲の言い分は以下のとおりである。
(平成29年7月1日の法律相談にて)

「先生、私は平成14年の7月5日、以下の約定で、友人の乙に
100万円を貸しました。ところが、今日に至るまでまったく
返してくれません。私は恩を仇で返した乙が絶対に許せません。
どうかよろしくお願いします!」

(甲が持参した借用書の記載より抜粋)
元金:100万円 利息:年15%
遅延損害金:年15%  弁済期:平成19年7月5日

問1 あなたは甲に以下の質問をした。
これらの質問にはどのような意味があるか。
(1)「この100万円は、どういう用途で貸したのですか?
営業用ですか?」
(2)「今日に至るまで、乙さんと本件についてメールやFAXで
やり取りをした記録はありますか?」

問2 前問における甲の回答が「営業用ではない」
「何もやり取りの記録はない」というものであった場合に、
あなたはいつまでに何をすべきか。

…本当の実力は、正誤問題だけ解いていても身につきません。
すべての法律系資格・公務員試験を目指す方に
お勧めの民法問題集シリーズです。

詳しい解答・解説はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B073XN9SLD/