最高裁の判例変更 預貯金も遺産分割の対象になります!

これまで最高裁は、預貯金のような金銭債権は、相続開始(被相続人の死亡)と同時に

当然に各相続人に法定相続分で承継されるから、(相続人全員が同意しなければ)

遺産分割の対象にならない、としていました。

しかし19日、「預貯金は対象外」としてきた判例を変更し、対象にするとの初判断を

示しました。15人の裁判官全員一致でした。

すでに済んだ遺産分割には適用されませんが、今後の遺産分割には適用されます。

実務への影響が大きい重大な変更と言えます。お知りおきくださいませ。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–