法解釈を学ぼう

法解釈に関するあとの問いに答えなさい。


譲渡禁止特約について、民法466条は単に
「善意の第三者に対抗することができない」と規定するが、
判例は債権の譲受人に重過失がある場合にも当該債権譲渡は
無効であるとする。
このような判例の態度をもっともよく表している語を
次の中から選べ。

ア 文理解釈 イ 拡張解釈 ウ 縮小解釈
エ 反対解釈 オ 類推解釈 カ 勿論解釈

さあ、いかがですか?
法律家なら当然知っておきたい問題ですね。

詳しい解答・解説はこちらから。
http://bookissue.biz/book/yosuke_kurihara_4.html