それでも記述式が大好きなあなたに

「司法書士試験攻略法8 合格への必要条件 不登法記述式篇 」
出版!

※電子書籍販売サイト(無料サンプルも見られます)
https://www.amazon.co.jp/dp/B072WFD5BT/

…本シリーズ「司法書士試験攻略法」は、
司法書士試験に本気で合格したい
全ての方に向けて執筆するものです。

第8巻となる本書は、ついに、
みなさんの大好きな記述式試験を扱います。

平成28年度の司法書士試験では、
不動産登記法記述式のボリュームが非常に大きく、
時間内に午後試験が解ききれないという方が続出、
結果択一も記述も基準点が大きく下がる結果となりました。

この現象は、実力のある人を見極めて合格させるという
試験本来の目的に照らすと、あまり好ましいことではありません。
そこで平成29年の試験はこれを反省し、
おそらく平成28年と比較すればボリュームは小さく、
割と基本的な出題となるでしょう。

記述式試験とはどういう試験なのか。
どうすれば試験にパスできる実力がつくのか。
一言でいうと「基礎・基本の徹底」ということに尽きます。
特に平成29年度の本試験はその傾向が強まるものと思われます。

そこで本書では、基礎・基本の充実を図るための、
本質を抉るような設問を収録しました。
記述式試験の実力はもちろん、
択一試験にも通用する実力が身につくことでしょう。

本気で今年の司法書士試験に合格したい方に、
ぜひとも取り組んでほしい問題集です!

※本件に対するお問い合わせ先
司法書士 栗原庸介
kuririn1228@hotmail.co.jp