民法問題集の続篇でました!

突然ですが問題です!

問題

XはYに絵画を売却したが、引渡し期日になっても
Yは絵画を引き取りに来ない。
そんな折、絵画を高値で買いたいと言ってくれる
Zが現れたので、Xは、本件売買契約を解除したいと考えている。

問1 受領遅滞の法的性質としては
「法定責任説」と「債務不履行説」がある。
両説の最大の違いを考慮して、
各説におけるXにとって有利な点を指摘しなさい。

問2 判例の考え方を踏まえた場合に、
あなたがXから法律相談を受けたらどのように回答しますか。
「受領遅滞」は、今年の司法書士試験で
出題可能性が高いとされる論点の1つです。
もちろん、100%自信をもってしっかり説明できましたよね?

…もちろん!と答えてくれたあなたも、
実はあやしいです…とこっそりつぶやいているあなたも、
ぜひ、私の良問問題集でしっかり演習して、
民法の真の実力をつけちゃいましょう!
(もちろん、全問解答と詳しい解説つきです)

「司法書士試験攻略法3 合格への必要条件 民法篇2」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07214NT6C
(無料サンプルあります)

※先日発売した問題集の続篇です。

※なお、主に想定している読者は
司法書士試験の受験生ですが、
本書の問題は民法の本質を理解できる
良問揃いですから、
司法試験や行政書士試験、
公務員試験など、
民法が出題されるあらゆる資格試験・就職試験に
役立つものと思います。

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–