最後の模試お疲れさまでした

TAC司法書士模擬試験を受験された方、
お疲れさまでした。
ざっと問題を拝見しましたが、
なかなかよい感じの難度だったのではないでしょうか。

別に自慢したいわけではないのですが、
学習アドバイザーの空き時間で私もチャレンジしてみたところ、
午後択一、最初の11問、全部正解できました。

みなさん、私のような、
既に合格から4年経ってすっかり錆びついたヤツに
負けてる場合じゃないですよ。
(受験生としては錆びついてますが
講師としてはむしろ金属光沢がありますので念のため)
当然11問全部取れましたよね?

間違えてしまった方、
模試の問題自体を復習することだけに満足せずに、
なぜ間違えてしまったのか
(決して間違えるような難しい問題ではなかった。
つまり復習不足、基礎・基本の不足が第一に考えられる。
それとも何か勘違いしたのか。
勘違いは本試験で最もやってはいけないことである。
詳細は「この男、司法書士。」参照してください)

あと2週間で何をすれば本試験で正確かつ素早く解けるのか、
しっかり考えて実行してください。
そのヒントは前掲著作に書いておきました。

例えば、こういう問題を解けるような準備をしましょう。

問題:
Xは、本人Aと、無権代理人Bを共同被告として訴訟を提起した。
(1)対象物の評価額が70万円を超える場合、
合算すると140万円を超えるので、
認定司法書士であっても本件はXを代理することができない。
〇か×か?

(2)あなた又はXが必ずしなければならないことは何か?
それはいつまでにやればよいか?

わからない方には電子書籍をお勧めします。

あと13日、悔いのないように淡々とできることをやりましょう。

本気の君を待ってる。