モチベーションアップ大作戦

「モチベーションアップ大作戦」

今年の司法書士試験も終わったばかり、
次の司法書士試験まであと1年。

なかなかやる気が出ない…という方に向けて、
今日はモチベーションアップについて考えてみましょう。

1 合格後の自分を具体的にイメージする!

司法書士試験は教養試験でなく実務試験なので、
これが最も重要かなと思います。

例えば…
・独立開業して、個人事業主として悠々自適に生きるぞ!
・東日本や熊本の震災被害者のためにボランティアするぞ!
・遺産分割事件や離婚事件が1件でも減らせるように、
法律相談や講演会をたくさんやるぞ!
・会社法に精通して、中小企業の社長さんの力になるぞ!
・ブラック企業やブラックバイトを駆逐するぞ!

…など何でもよいので、
こういう具体的なビジョンがあるとモチベーションも
湧いてくると思います。

合格後の話は世間にはなかなかないのですが、
拙著「この男、司法書士。」には合格後の話を
これでもかと披露しておりますので、
まだ試験まで余裕のあるこの時期にぜひお読みになってください。

例えば、あまりこれを言う人はいないのですが、
私は試験合格後の即独立、いわゆる「即独」も
じゅうぶん可能なのが司法書士という資格だと思っています。

2 中間目標を設定する

ドラクエでも、中ボスがいるとレベル上げようという
気持ちになりますよね。

司法書士試験本試験をラスボスだとするならば、
適度に中ボス(=中間目標)を設定するとよいと思います。

別に何でもいいですが、私のお勧めは、
11月頃の「第2回奨学生選抜試験」
そして来年4月の模試です。

奨学生試験は、無料で受けられますし、
成績上位に入れれば8割引きや6割引きといった
高額割引チケットがゲットできますから、
追加受講してより合格率を高めることができます。
※追加すべき講座については別の機会に解説します。

奨学生試験は主要4科目の択一しか出題されません。
初学者でもじゅうぶん闘えます。
…っていうか11月になったら初学者も経験者も関係ありません。
本試験では同じ土俵で闘うのです。

むしろ初学者こそ、答練を安価で追加受講できれば全然違います。
8割引き目指して本気でがんばってください。

…ほら、経験者はうかうかしてると追い越されますよ。
モチベーションが湧いてきたでしょう…。

3 脱過去問・脱丸暗記

これは「この男、司法書士。」で詳しく書いたので大丈夫ですね。

今さら、
「オートマ過去問だけで足りますか?
合〇ゾーンもやったほうがいいですか」

とか私に聞いている場合ではありませんよ…。

法律の勉強、思考そのものを楽しくやることが
何よりのモチベーションアップ大作戦です。

「この男、司法書士。」
https://www.amazon.co.jp/dp/4847143159