特別研修の心得その6 できれば無職であるべし

http://kuririn.info/jiei/hissu/

まあみなさんいろいろな事情があるので強制はできませんが、

できれば特別研修期間は無職がお勧めです。

やっぱり本気で勉強しようと思うと仕事してる場合ではないんですよね。

私は、誰を被告とするべきかだけで1日悩んだことありますよ。

例えば、あなたが大家さん。賃借人YがAさんに無断転貸してしまった。

Aさんには奥さんBと未成年の子Cがいます。

今現実に住んでいるのはA・B・Cです。

はい。この建物明渡請求事件、被告は誰ですか?

答えは…もちろん教えません!自分で調べてください。

一言だけヒント…ものすごく複雑な訴状になります。論点いっぱい。

建物明渡請求事件の専門書を買えば普通に書いてあると思います。

お勧めは「事例に学ぶ」シリーズ。(民事法研究会)

…ね?仕事してる暇なんかないはずです。

 

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–