敷金の法的性質

10月には宅建、11月には行政書士、
がんばれ受験生!いくぞ、問題!

敷金に関するあとの問いに答えなさい。
大家さんをA、賃借人をXとする。

Aが新オーナーBに本件アパートを売却した。
賃貸借契約終了時、Xは誰に敷金の返還を請求すべきか。
敷金の性質を表すキーワードを用いて説明せよ。

…いかがでしょうか。
結論を覚えているだけでは当たり前です。
ちゃんと理屈で説明できてこそ、
真の法律家にふさわしいエリート受験生です。

詳しい解答・解説はこちら!
〇×問題ではない真に実力をつける問題が満載!
行政書士など、あらゆる法律系資格・公務員試験対策に!
https://www.amazon.co.jp/dp/B0747XCG27

アイドルの恋愛禁止問題で憲法・民法の基本を学ぼう!
「アイドルの恋愛禁止は憲法違反?」
https://www.amazon.co.jp/dp/B073RWVH2Q

行政書士試験と司法書士試験の両方に合格している栗原庸介が、
行政書士や法律系資格・公務員試験の個別レッスンを致します!

希望時給等、詳しいご説明はこちらをご覧ください!
http://kuririn.info/jiei/gyosyo/