集中力講座 リバースと法律の勉強を同じ熱さで

「集中力講座 リバースと法律の勉強を同じ熱さで」

これは司法書士試験に限った話ではありません。
何かに成功するには、
その鍛錬は集中して取り組まなければいけません。…
ただだらだら長い時間かけても意味ないです。

以下、司法書士試験合格を例にとり具体的に説明します。

私は受験生時代、山本先生の次回講座DVDが届くのを
本当に楽しみにしていました。
連続ドラマを楽しむように法律の勉強をしていました。

私の中では、リバースの次回放送を心待ちにするのと
山本先生のDVDを待つのとは完全に同じ熱さなのです。
これは大げさでも嘘でも何でもなく、
紛れもない真実です。

また、私は電車の中で勉強することが多かったのですが、
集中し過ぎて、よく乗り過ごしました。

それも、1駅や2駅と言った生易しい乗り過ごしではありません。

終点近くまで行くとか、終点に着いたことにすら気づかず
折り返して乗車駅に戻っていることもありました。

これは、決して私が特別だからではありません。
山本先生も、読書に集中し過ぎて
甥っ子の言っていることの意味がわからなかった、
というエピソードを語っています。

どうすれば勉強にそこまで集中できるのか。
それは…。

「この男、司法書士。」をお読みください(笑)
https://www.amazon.co.jp/dp/4847143159

…ちょっとだけヒントを記しておくと、
趣味と勉強は同じなのです。

勉強を趣味にしてしまうことは、
実務についてからも必要です。

司法書士という法律の専門家になろうとしているのです。
試験に合格して勉強は終わり、では困ります。
むしろ試験に合格して初めて勉強がスタートします。
一生勉強、一生青春です。

集中できる習慣は、あなたの人生の質を
飛躍的に高めてくれるのです。

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-

・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!

法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。

・民事信託を用いて民法上の不可能を可能にしてみませんか?

新しい相続・後見の在り方をご提案致します!

kuririn1228@hotmail.co.jp

——————————————————————————————————————–