抵当権の効力

問題!
抵当権の効力につき、次のア~エからそれぞれ選びなさい。

ア 民法370条の「付加一体物」に当たるので、及ぶ。
イ 民法370条の但し書きの法理により、及ばない。
ウ 民法87条2項の「従物は主物の処分に従う」の法理により、
及ぶ。
エ 民法87条2項の「従物は主物の処分に従う」の法理により、
及ばない。

問1 抵当権設定時に存在していた洗車タンク。

問2 抵当権設定後に持ち主に無断で借家人が増築した増築部分。

問3 債務者が、一般債権者を害するものと知りながら、
持っていた純金で簡単には取り外せない石垣を
庭に作った場合の、その石垣。

大好評の民法問題集に、ついに担保物権篇登場。
すべての法律系資格・公務員試験に完全対応。
わかりやすい解答・解説はこちら。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0741VJMHS/