噂を信じちゃいけないよ ~裁判のコスト お金篇~

裁判にどのくらいのコストがかかるか、
というお話です。

そんなにかからない、と私は言いたいわけなので、
それをいかに納得してもらえるように書けるか、
私の力量が試されます。

前々回の、訴状の実物は、ご覧になりましたか?

裁判所に納める額は、訴額によって決まります。

訴額とは、相手にいくら請求するのかということです。

訴額100万円までは、概ね、
訴額10万円ごとに1000円かかるイメージです。

参考までに、
訴額140万円なら12000円
訴額500万円でも30000円です。

上記は訴状に収入印紙を貼ることで納めます。

それと、裁判所はいろいろな書類を郵送します。
当然、普通郵便というわけにはいかず、
「送達」という特別な方法をしますので、
郵便代は一般に考えられるよりも高めです。

ざっくり言って数千円分程度の切手を
訴え提起の際、最初に納める必要があります。
(被告の数等によって変わるので、提訴する裁判所に事前に必ず問い合わせてください)

純粋に裁判にかかる費用は、これだけです。

ね?そんなにかからないでしょう?
よく、数十万とか数百万かかると思っている方がいらっしゃいます。
それは弁護士費用が高いだけです。
それは誤解です。

もちろん、司法書士費用が別にかかります。
しかしそれは、勝訴して相手から取れた金額の○○%、
という決め方がほとんどだと思いますので、
あなたが受けた経済的利益のごく一部を報酬としていただくに過ぎません。

注意すべきは、あなたが被告の(訴えられた)場合です。
この場合、あなたが勝訴しても、相手の請求を跳ね返しただけで、
あなたが相手からいくらかもらえるわけではありません。

ですから、訴訟費用は敗訴者が負担するので裁判費用はかかりませんけれども、
司法書士報酬は持ち出しになってしまいます。

ですので、自分が被告として法律家を頼む場合には特に、
報酬については納得いくまで話を聴いてください。
(とはいえ、放置して敗訴するよりは司法書士に任せる方が
全然得するはずです)

どうでしょう。
裁判には莫大なお金が必要、という誤解は解けましたでしょうか?

次回は、裁判にかかる時間を考察します。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–