数学が楽しめない人は司法書士等になるべきではない!

さて、司法書士のくせにたくさん数学の話をしてきました。

偉そうに言ってきましたが、私自身、数学には興味はありますが、
全然できるわけではありません。
私は高3以上の数学がわからないまま理系になってしまいましたので。
現在勉強中という感じです。

まあ、司法書士なのにブログに「微分積分」というカテゴリーがあるのも
私くらいでしょうけれども、そういうわけです。

法律は論理学です。

必要条件、十分条件の概念がわからないと法律は使いこなせないと思います。

司法書士・弁護士等はもちろんのこと、そんな人が検察官や裁判官をやっていたら…

恐ろしい話です…が、司法試験の科目に「数学」はありません。

ご依頼は、ぜひ数学の素養のある司法書士にお願いします!

お読みいただき本当にありがとうございました!

 

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–