司法書士はプロボノ活動にも積極的に取り組んでいます! その4

今日は、
東京司法書士会 三多摩支会 社会問題対策部 司法過疎対策委員会
(長い…)
のイベント活動報告をします!

2016/7/26(火)
八王子市内にある団地の「おひとりさま教室」に行ってきました!

この団地は、なんと51%が高齢者のいる世帯、
34%は単身高齢者世帯とのこと。

で、高齢者の方が自由にお話しする会に参加してきました。

冒頭、地域包括支援センターの保健師さんから話題提供の講義。

エリクソンのライフサイクル8段階における発達課題モデルを挙げて、
高齢者(成熟期)における達成すべき課題を紹介し、
今まで歩んできた人生を肯定的に受け止め(自己統合)ることが
真の自身(自己肯定感)につながるというおなはし。

この時期に、自分の人生の「聴き手」となってくれる人との
出会いが重要である、とのこと。
(もちろん、新しく出会う必要はなく、
旧来の知り合いを大切にするのでもよい、と私は解釈しました)

その後の高齢者の方々によるフリートークもとても勉強になりました。

やっぱりどれだけインターネットが普及しても、
直接お話を聴くことを止めてはダメですね、人間は。

「戦争は二度と嫌です」
「戦争ほど不幸なものはない」
「戦争は何もかもの価値観、優先順位を一変させる恐ろしいもの」

と何度もおっしゃっていたおばあちゃんの姿が忘れられません。

遺言等について質問を受けました。
やはり、こういう場に司法書士がどんどん出向いて行って、
市民と交流することがとーっても重要だと私は思います。

司法書士はプロボノ活動にも積極的に取り組んでいます! その1

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–