任意整理にも限界はある

さて、任意整理は簡単に言えば、
利息を0にしてもらって月々の返済額を下げて
何とか完済を目指す、という方法です。

従いまして、ある程度は支払いができることが前提です。

ここで、収入と生活費から考えて、返済に回せるお金が
がんばっても月に5万円しかない。
しかし、債務総額は引き直し計算をしても、まだ500万円ある…
という設例を考えてみます。

このような場合、
500万円÷5万円/月=100月(8年4ヶ月)かかる計算になります。

前にも述べたとおり、
貸金業者の認める返済期間は3年程度、長くても5年くらいですから、
月5万円で、という交渉はおそらく無理です。

…じゃあどうするか。
ここでいよいよ、破産とか個人再生とか、という選択肢が出てきます。

次回はそこら辺をお話ししましょう。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–