信用情報(いわゆるブラックリスト)について

任意整理のデメリットとしては、

交渉中は返済を一時的なストップするのが原則です。

このこと自体は、とりあえずの過酷な返済がなくなるのでメリットですが、

返済が止まることでその情報が
信用情報機関に事故情報が登録され(いわゆるブラックリスト)、
以後、概ね5~10年間は、新たな借入れやクレジットカードの利用が
事実上困難になる、ということがあります。

しかしこのことは、返済できず滞納したり、
自分で交渉して支払額を下げたりしても同じことです。
返済できず苦しい、という状態に陥っているのに、
今さら信用情報を気にしている段階ではないと思います。

多くの借金を抱えている方は、その時点でローン審査は通りにくいですし、

これ以上の新たな借金をすべきでもないでしょう。

そうそう、これも誤解が多いので書いておきますが、
信用情報を見ることができるのは本人と代理人、
そして貸金業者の審査のときだけです。
家族や職場に知られることは通常ありませんし、
単に任意整理したことをもって降格や解雇の事由にはできません。

返済が苦しいわけではなく単に過払い金があるか知りたい、
しかしどうしても信用情報に何か載るのは困る、
という方は、がんばって完済してから受任通知を送るのがよいと思います。