完済後の過払い金請求にはデメリットはない

以上は、既にとっくの昔に完済していて、
今はその業者と取引がない(カード使ってない)、
という状態を想定して記述してきました。
この方法が、ほとんど何にもデメリットがない、お勧めの方法です。
※完済している場合、過払い金請求をしても、信用情報には影響ありません。
(いわゆるブラックリストになりません)

「私は現在進行形で返済中だし、利率も法定内だから関係ないわ」
と思ったそこのあなた!
現在の利率は、途中で変更されたものかもしれません。
たとえ現在の利率が法定内でも、かつて違法な利率で利息を支払っていれば、
その分債務の額を減らせたり、
債務が0になって逆に過払い金を請求できる立場になれるかもしれません。

まあいずれにしても、取引履歴を取り寄せて、
利息制限法の上限利率に引きなおして計算してみないと、
正確なことはわかりません。
(逆に言えば、それをやるだけで過払い金Getのチャンスが来るかも!)

司法書士にお任せで大丈夫です。

…ただし、この「現在返済中」の事例では、
注意することがいろいろあります。
長くなってきたので、続きは次回、「債務整理(任意整理)」でお話しします。

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–