奨学金とは名ばかり、タダの有利子借金です!

政府は来年度から、ファイナンシャルプランナー(FP)を高校などに派遣する

「スカラシップ・アドバイザー(仮称)」制度をスタートさせる方針を決めた。

政府としては、新設される「給付型奨学金」を宣伝したいのだろう。

だが、給付枠は1学年あたり、たったの約2万人に留まる。金額も月に2~4万円。

現状、学生の過半数、約130万人が貸与型の奨学金…

つまり有利子の借金を負わされている現状からして焼け石に水だと言わざるを得ない。

FPの方を否定するつもりはないが、本当に必要なのは、

日本の奨学金はタダの有利子借金であること、

毎日のように奨学金を返済できない若者が学生支援機構に訴えられていること、

借金や債務整理についてきちんと教える法教育だ。

 

Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–