リボ払い、ダメ、ゼッタイ!

債務整理のご相談で1つ気になることがあります。
利率を覚えていない方、ほとんど気に留めていない方が実に多い。

これは間違っていますよ。

皆さん、物を買うときに、値段って気にするでしょ。
気にするどころか、考えることのメイン項目ですよね。
法律的にも、売買契約の主な要素が「対象物」と「価格」です。

金銭消費貸借契約の主な要素は、「元金の金額」と「利息」と「弁済期」です。
利息がいくらかは、お金を借りるときの重要なファクターなのです。
なんで利息に無関心の方が多いのか不思議です。

利率の上限は利息制限法により、以下のように決められています。

元金が 10万円未満        20%
元金が 10万円以上100満円未満  18%
元金が 100万円以上       15%

(ちなみに、昔はこの利息を上回る利率の契約が普通になされていて、
だから払いすぎた利息、「過払い金」を取り戻そうという話になるわけです)

100万円を1年間借りれば、最大で利息だけで15万円も取られるわけです。
ということは、月に2万円返済しても半分以上が利息で消えてしまい、
元金はなかなか減らないということです。

今はお金を借りた例で説明しましたが、
利息の考え方はショッピングでもだいたい同じです。
皆さん、ショッピング残高がいくらで、
毎月の支払いのうち利息でいくら取られているか、ちゃんと把握していますか?

買い物するときは100円でも10円でも安いものを必死に探すのに、
平気で利息で年間10万円以上払っちゃっている、
気前がよいのか悪いのかよくわからない方も多くいます。
あなたも、そうなっていませんか?
カードショッピングとかリボ払いって、そういうものですからね。

これを読んでいるあなた!
早速リボ払いは止めて、一括払いにしましょう!!

債務整理のご相談は、大きな事務所ではなくて、
ぜひ私のような個人事務所に!
(もちろん債務整理以外でも大歓迎です!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、など何でも承ります!
お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–