友人に自殺したいと打ち明けられたら

問題:あなたは友人から、「自殺したい」と打ち明けられました。
次のうち、適切な対応に○、そうでないものに×をつけなさい。

私独自の見解ではなく、2016/8/6リーガルサポート研修講師、
田園調布大学教授で、精神保健福祉士、社会福祉士もお持ちの
伊東秀幸先生のご見解(…をくりりんなりに解釈したもの)をご紹介します。

ア 自殺について長時間話をするのはよくないので、
できるだけ短い時間で話を切り上げる。

→× 時間をかけて相手の訴えを傾聴すべきです。
でないと、見放されたと感じてしまうかも。

イ 沈黙の時間が続くとよくない考えに陥りがちなので、
相手が黙ったらなるべくあなたのほうから積極的に話を振る。

→× 沈黙は、相手が一生懸命考えている証拠かもしれないので、
沈黙の共有も大切。
無理に話しかけると、せっかくの相手の思考を停止させることになってしまいます。

ウ 自殺以外のことに考えをめぐらせてもらうために、
わざと話題を自殺からそらすように別の話題を振る。

→× アのように、傾聴が大切です。
ただし、十分に話を聴いた後で、自殺以外の選択肢も示してあげることは重要です。

エ 「明日また会おうね」「次の週末一緒にスキーに行こうね」
のように、死なないことを約束させる。

→○ 鬱傾向の方は律儀であることが多く、こうして約束することで、
とりあえずは死ねなくなることが多いのだとか。

オ 日本中の人があなたについて無関心でも、
私はあなたが死んだら悲しい、と自分の思いを素直に伝える。

→○ この場面に限らず、自分の素直な心情を伝える、
いわゆる「アイ(I)メッセージ」は効果的な場合が多い。

とりあえず、このような話を打ち明けられたら、
あなたはその方にとって「選ばれし者」なんだ、と思ってください。

自殺したいなんて、普通は誰にも彼にも打ち明けるものではありません。

そして、わざわざ打ち明けるということは、その方は、
生と死の間で激しく揺れ動いている可能性が高いです。
本当は、自殺しようか悩んでいるのです。
本心では止めてほしいのです。

あなたは、カウンセリングを専門に学んではいないかもしれません。
ですが、相手の方はあなたを選びました。
どうか、「私はあなたの悩みを理解しようとしているよ」
ということを発言や態度で示してあげてください。
選択肢オの「私メッセージ」や、
相手の話をじっくり傾聴すればいいのです。
そして自殺以外の選択肢を示しつつ、
最後に、次に会う約束を近い期日で入れてください。

あなたに救える命があります。

ただし、一人で抱えるには重すぎる場合もあります。
相談されて苦しい、と感じたら、専門家を躊躇せず頼りましょう。
専門機関はいろいろありますが、
例えば「いのちの電話」とかで検索してみるのでもいいと思います。

司法書士は、自死の問題にも積極的に取り組んでいます。
司法書士会と精神保健福祉士会とコラボで
研修会やイベントをやったりしています。

司法書士は、こうして精神保健についても勉強しています!
別に法律相談でなくても構いません。
何かお悩み事がある方、遠慮せず躊躇せず、
下記アドレス、または最寄りの司法書士(会)までお気軽にお問い合わせください。

死んでしまう前に、あなたにこそできることがあります。