PPAPを民法で考える

今日、受講生(司法書士試験受験生)の方に実施した
民法テストで出題した問題を一部ご紹介します。

問題:AさんのペンとBさんのパイナップルが付合して、
損傷しなければ分離することができなくなったときは、
その所有権はどうなるかについて述べよ。

さあ、あなたはこの問題、わかりますか?
正解は…民法243条を見てみましょう!
民法第243条
所有者を異にする数個の動産が、付合により、
損傷しなければ分離することができなくなったときは、
その合成物の所有権は、主たる動産の所有者に帰属する。
分離するのに過分の費用を要するときも、同様とする。
…というわけで正解は、「主たる動産の所有者のものになる」
でしたー!
え?ペンとパイナップルとどっちが主たる動産かって?
それは…こちらをどうぞ。

民法第244条
付合した動産について主従の区別をすることができないときは、
各動産の所有者は、その付合の時における価格の割合に応じて
その合成物を共有する。

というわけで、主従の区別をすることができないときは、
ペンとパイナップルの価格に応じて、
ペンパイナップルとなった合成物を
AさんとBさんで共有することになります。
仲良く使ってください!
以上、PPAPを民法で考えるコーナーでした。
おもしろかったですか?

 

(Facebookをおやりの方、よろしければ「いいね!」のクリックをお願いします!)

(Twitterをおやりの方、Follow me please!  Twitter内で@kuririn12283で検索!)

——————————————————————————————————————-
・ご意見・ご感想・お仕事のご依頼はこちら!
法律相談・訴訟・調停・セミナー・講演・執筆・家庭教師、

電子書籍の出版代行など何でも承ります!お気軽にメールください。
kuririn1228@hotmail.co.jp
——————————————————————————————————————–